無修正オナニー

思えば、俺の人生は無修正オナニーを求める長い旅路のようなものだった。
中学生の頃に読んだ漫画で、男の子と女の子が河原かどこかで並んで夕陽に向かって小便しているシーンがあった。立ちションと座りションである。エロではなくて爽やかなシーンであり、俺は小さな感動を覚えたものだ。中学生にもなると、男女差は顕著になる。俺も小学生の後半からその違いを意識しており、女と言うものは男とは別の生き物だと思っていた節がある。その壁を取っ払ってくれたのが、この漫画の小便シーンだった。違いはあっても放出するものは一緒である。違いがあるからこそ、男女の共同作業は感動を生み出す原動力になるのではないかと考えたのだ。
そして、俺はオナニーを覚えた。やがて、高校に入ってエロ関連に接するようになって、女もオナニーをすることを知った。男と同じようなことを女もやっていると考えると、いたずらに興奮した。その時にあの漫画の連れションシーンを思い出したのだ。いつの日か、女の子と並んでオナニーをしたい、と。
無修正動画
しかし、その道のりは険しかった。感動を求めてオナニー物のAVを何本も見たが、期待外れのモノだった。当然である。モザイクが入っているからだ。モザイクの存在が、女のオナニーと言う感動を削いでしまっていた。やはり、無修正オナニーしかない。それには、オナ友を作るしかなかった。
俺は「無修正オナニーが見たいです」と膝を怪我して現役を諦めたバスケ選手のようにつぶやき続けた。そして、その夢が叶ったのは20年後の話だ。夢が叶わぬまま俺も老けてしまったが、その代わりに財力はできた。そして、割り切りオナニーに遂にこぎつけたのだ。
肩を並べて一緒にオナニーをしてほしい、と言う俺の要望に、女の子は「何それ、変なの―」と笑いながらも、俺の財力に負けて快く応じてくれた。こうして、俺はラブホテルの一室で肩を並べてベッドに座り、壁を見ながらオナニーし合ったのだ。
しかし、そこに感動はなかった。だいたい、真っ白な壁をおかずにオナニーなんてできない。結局、お互いに向き合って無修正オナニーを見せ合いながら同時に果てたのである。俺はもうオナニーも知らなかった純真な中学生ではないのだな、と時の流れと自分の変化を無常に感じた。
オナニーの見せ合い
オナ見せ

ノンケをフェラしたい

ノンケをフェラしたいって先輩がいるんだけど、興味ある?って昔の知り合いに声かけられたんだよ。
ノンケをフェラしたい先輩・・・ゲイ確定じゃねーか。
ノンケをフェラしたい先輩(女)なんてありえないだろ。っていうか、ノンケなんて言葉使うこと自体がもうゲイ決定じゃねーか。
無理無理無理!って全力拒否。
「いや、でもお前、フェラくらいならされてもいいって昔言ってたじゃん」って言われたけど、いや、いつの話?っていうか、酔ってた時に言ったことを真に受けないで?
もちろん、断ったけど、そのまま何の連絡もなし。
別に「久しぶりだから飲もうよ」とかの誘いだったら、喜んで行ってたけどな。
なんか、ゲイの先輩に貢ぐ生け贄以外の価値を俺に見出してなかったんだなと。
そこに気付いたら、無性に寂しくなったね。
フェラ友はノンケ
ノンケをフェラしたいゲイの先輩に貢ぐためだけに俺に電話かけてきたんだ・・・それだけのために俺のことを思い出したんだ・・・それ以外の要件ないんだ・・・
時々、ふとした時に感じる、他人から受ける傷。普段なら笑い話になることでも、その傷が思いのほか深かったりすると、笑えなくなるよな。
別に繊細な人間というわけじゃないけど、たまにふとした瞬間にそんなことですら、寂しく感じるわけ。
特に誕生日近かったり、クリスマスシーズンとかさ。
知り合いも、俺を貢物としてしか見てない。そのノンケをフェラしたい先輩というのも、ノンケにしか興味ないわけだろ。
別に俺に興味があるわけでも、俺のことが好きなわけでもない。
ノンケとの出会い
ノンケのちんこ

援デリ

 出会い系って、マジでセフレ作れる場所ではあるんですよね。
実はビギナーズラックで、初めての利用で始めてのセフレを作った経験があるんです。
だから、楽勝じゃないかという気持ちになってしまってて。
心に隙ができてしまったんでしょうね。
エッチがしたい女の子は、出会い系の中には確実にいるから、声をかけさえすればあとは挿入になると、思い込んでしまったのです。
それで、援デリに騙される失敗をしてしまいました。

 ビギナーズラックって、天狗にさせる何かを持ってたりします。
だって初めての出会い系で、いきなり大人の関係を作れてしまったのですから、ネトナンさえすれば何とかなるという気持ちに染められてしまうのもしかたがないことなのでしょう。
さらなるセフレを探すため、掲示板を漁りまくってメールを出していたんです。
すると30歳の人妻からの連絡が。
家庭内が幸せではないため、せめて外では幸せを味わいたいと言うのです。
家庭を壊すことはしたくない。
それを約束してもらうため、支払いして欲しいなんて言われちゃって。
とりあえず顔写メを見せてもらったところ、フェロモン漂う美女でした。
これなら支払いとかあっても、問題なくね?という気持ちになってしまったのです。
筆おろしサイトに使ったTwitterの裏垢女子にアマギフを先送り
安心できる人だったら、継続して関係を持ちたいし、2回目からは支払い無しでも大丈夫ということで、心が弾みまくり。
ナイスバディらしく、彼女の肉体を思いっきり感じさせたいと思い、即座に待ち合わせを決めてしまったのです。

 そりゃね、援デリっていう言葉も知りませんでしたからね。
ビギナーズラックのおかげで、すっかり天狗状態だった自分は、今回も素人とオフパコできると信じていたんです。
待ち合わせ場所では、衝撃が走りました。
見たこともないようなデブス。
しかも悪臭まで漂っちゃって、話が違うと抗議したところ「怖い仲間を呼ぶ」と、鉄板の脅し文句。
げぇって、感じでした。
渋々ホテルに入って、30分足らずの関係を作り、2万円も相手に支払ってしまったのです。

 後日、これが援デリの手口だと分かって、ガッカリなんてもんじゃありませんでした。
正直、出会い系使うのがちょっと怖くなってしまったのでした。
逆援サイト
筆おろしされたい

車内フェラ

 あれは、1カ月ちょっと前の話になります。
まるでAVのような出来事を、経験してしまいました。
看護師さんに、病院でトイレフェラしてもらえたのでした!

 自分、21歳。
不注意から、軽い骨折をしてしまいました。
退屈な入院生活を余儀なくされたのですが、幸いにも魅力的な看護師さんたちがたくさんいる病院で、目の保養にはなりました。
ただ彼女のいない自分としては、そんな看護師さんを見るたびにムラムラしちゃったりして。
特に気に入っていたのが、30歳の瑠璃ちゃん。
白衣が良く似合う、超愛らしいマスクの看護師さんでした。
瑠璃ちゃんがやってくるたびに、胸を弾ませちゃったりもして。
まぁ、気まずいこともあるのも事実。
若いから自然に勃起しちゃったりして、それ見られちゃって、クスクスと笑われてしまったりも。
こういう時って、バツが悪いですよね(汗)。
そんな瑠璃ちゃんが夜勤の時に、トイレフェラをやってもらうチャンスがやってきたのでした。
フェラ友を探したいのならTwitterではなくて出会い系を使う

 ケガの方も順調に回復をして、あとちょっとで退院という頃でした。
やることもなく退屈で、自販機までジュースを買いにいった時のこと。
瑠璃ちゃんと、立ち話をするチャンスが!
魅力的な女の子だし、それに欲求不満だから、ヤッパリムラムラしちゃったんですね。
立ち話をしている最中、起き出してしまったのです。
メチャクチャ恥ずかしかったんですけどね、瑠璃ちゃんが言い出したんです。
「今日は夜だし、特別にサービスしようかな」
そう言うと、自分の手を引っ張ってトイレの多目的ルームへ。
まさに目が点でした。
多目的ルームに入ると、まさかのトイレフェラ。
彼女に寝間着の下半身、そしてパンツを脱がされてしまったのです。
すでに肉棒は激しくオッキ。
柔らかい掌で手コキをされ、そしておもむろにフェラを始められてしまったのです。
強烈に不満状態だったこともあり、とろける快楽が身体中を走り抜けて行くような感覚でした。
可愛らしい顔で、肉棒をしゃぶる瑠璃ちゃんが、あまりにも美しく見えてしまった瞬間にもなりました。
射精した精液を、しっかり飲み込んでもらえました。

 瑠璃ちゃんに、入院中3回ほどトイレフェラで抜いてもらうことにも成功。
できればセフレにしたかったのですが、さすがにそれは叶いませんでした。
パパ活サイト
泊めてくれる人

30歳既婚男性会社員のLINEセフレ体験

出会いに詳しい同僚から、LINEの掲示板を勧められた。
彼曰く、有料でセフレを作る時代は終わったそうだ・・・
いわゆる無料出会い系は、全くと言ってよいほど会えないそうだ。
昔1度だけ有料サイトに登録していたけれど、ポイントがあまりに高くついて辞めてしまった。
その点、掲示板でLINEのIDをGetできれば、後も一切お金がかからない。
これは面白そうだと早速その日の夜に掲示板をチェックした。
セフレ・友達・メル友など、目的に絞れるので有り難い。
その上、地域や年代まで指定できる。
中には10代と思われる書き込みもあったけど、そこは怖いのでスルー。
あくまで目的はセフレだから、20歳以上でないと興味が無かった。

あまりに若すぎるのは体の関係には適さない。
精神的な繋がりを要求されても付き合ってられないからだ。
最近は寂しさからSNS系にどっぷりハマる若い人達が増えている。
それだけに若い子との関係には抵抗がある。
すっぱりと割り切ってくれるのは20代後半~30代前半だと思う。
尚且つ相手も既婚者だとやりやすい。
お互いに失いたくない物が同じなので、いちいち口に出さなくても考えがわかる。

掲示板には既婚者と思われる女性の書き込みもたくさんあった。
こういう手軽な出会いから、不倫を楽しむ女性が増えたんだろう。
それらしい人を5人ピックアップし、LINEを送ってみた。
結局返信があった2人とやりとりを開始することにした。
1人の女性はかなり受け身だった。
もう1人は積極的。
1週間ほど1日4・5回のやりとりをしていた。
対照的な2人だけど、セフレには後者が向いていそうなのでそちらに絞った。

お互いの自宅は遠からず近からずの距離だった。
同じ県内だったので、わかりやすい繁華街で待ち合わせをすることに。
会う前に写メをもらっていたけれど、全く別人がやってきた。
いわゆる「詐欺写メ」というやつです。
期待していた程綺麗な女性ではなかったものの、目的はあくまでセフレ。
体の相性はなかなか良かったので、この先も関係を続けることにした。
こんな簡単にLINEでセフレができるとは・・・
不倫が増えている理由がわかった気がした。”

19歳独身男子専門学生のLINE友達体験

出会い系サイトを利用してメル友になれたのは29歳になる独身のOLさんのミオさんでした。
ずっと年上の女性ってとっても大人びた感じがありますよね、落ち着いているというか同年代の女性とは全くオーラが違っていてメールの内容もワクワクしっぱなしでした。
メル友を10日間ほど続けた後にLINEのIDを交換しましてLINE上でのやりとり、よりスムースに交流することも出来て仲良くなれた感じです。
やっぱりリアルデートは楽しみたいですからね、「遊園地とか行きませんか?」とお誘いした見ると「んー、水族館とかの落ち着いた場所がいいな」って言われましてたしかにそのほうがロマンチックだしと、で彼女の行きたい場所に決定してデートすることになりました。
初めてみたミオさんなんですけど自分の想像なんてはるかに超えてしまうぐらい大人な空気を持った綺麗なお姉さんでして、緊張しないわけには行きませんでした。
そのやわらかな微笑みをみた時に月の光のような…って本気で思えたぐらいですからね。
学校にいる女性たちとは違うっ!もうあきまへんって感じでメロメロでした。
日頃憧れで見ている学校の女性たちがクソガキに見えてしまうほどに大人の魅力をハンマーのごとく叩きつけてくる感じで、いや参りましたよ。
ゆったりとした時間の流れる水族館を2人で見て回る、群れで泳ぐ魚の動きに2人で驚いたりサメの大きな姿で圧倒されたり、タップリと時間を過ごせました。
メル友からLINE、そしてリアルデート、大成功でした!
次も一緒に遊びに行ってあげるって、うれしいお言葉ももらっています!